千葉県釣りポイント【新官港】1年中アジングを楽しめる安定スポット!尺アジの回遊もあり!





イワシなどの小魚が集まりやすく、大型のマダイや青物が堤防から釣れてしまうことでルアーマンには人気のあるポイントとなっているのが新官港です。

ライトルアー釣り場としても一級で、アジは安定した釣果が上がっています。

メバルは数は少ないですが、代わりにセイゴが多く、マルスズキとヒラスズキが半々の割合でかかってきます。

〇アクセス

所在:千葉県勝浦市新官

交通:館山自動車道・市原ICから国道297号を南下します。

国道128号より部原交差点を曲がり南下すると到着します。

駐車場:近くに有料駐車場があり、500円になります。ただし、管理人が17時くらいに帰ってしまうので夜釣りは無料になるかもしれません(笑)↓駐車場

 

〇釣りポイント

新官港1

アジは1年中狙え、初夏と冬が最盛期となっています。

20cm前後がアベレージで、冬場の方が大型のアジに期待が出来ます。

時期を問わず尺アジはしばしば回ってきます。

遭遇できるかどうかは運になっています。

ポイントA

新官港のメインポイントになるポイントAは堤防外側のテトラ帯になります。

堤防に並ぶ常夜灯の明かりがこぼれ、さらに、すぐ沖の岩礁帯との間が魚の通り道となっていて、沖からの回遊はかなり多くなっています。

足場はテトラとなっていますが、そんなに乗りにくいテトラではありません。

基本的にはジグへットリグで明かりのこぼれるテトラを中心に探っていきます。

ジグヘッドは0.5~1.5g程度のものがベストになっています。

毎晩のように釣り人が入る場所だけあってプレッシャーは高く、なるべく繊細なアクションで誘っていくのが良いです。



ポイントB

港内にもアジが入り、特に先端に常夜灯があるポイントBの堤防は非常に良いポイントになっています。

こちらはごく軽いジグヘッドリグで攻めるのがセオリーになっております。

時にセイゴが群れていることもあるポイントになります。

ポイントC

豊浜港は新官港に隣接する港で、新官港に比べるとパンチ力に欠けるポイントになります。

タンク前の岸壁は非常に明るく釣り自体はしやすいポイントになりますが全体が照らされやすいポイントのため、狙いが絞りにくいのが難点となる場所になっています。

千葉県釣りポイント 【龍島港】駐車場&トイレ完備のキスの数釣りポイント 釣り方のコツとは?





綺麗なトイレとキャパシティー十分な駐車スペース、足場の良い堤防と三拍子揃った龍島港周辺は内房エリアでは屈指の人気の釣りポイントになっています。

メインの釣り場となる龍島新堤は時間制限があるものの、投げ釣り、ウキ釣り、ルアー、探り釣りとどんな釣りも楽しめてターゲットも豊富です。

ただし、堤防の両側は前下がり上に石が積まれているので、落水しないように注意が必要です。

また、新堤の付け根部分にある石積み場は、作業時間以外のみ竿出しが黙認されています。

運搬船が近づいたり、ダンプカーが入ってきたら速やかな移動をお願いします。

龍島島の釣りポイントは足場が良好で、駐車場とトイレが完備されているためファミリーフィッシングに最適の場所になっています。

小物から回遊魚まで釣り物が豊富なため、是非お勧めのポイントです。

〇アクセス


所在:千葉県安房郡鋸南町龍島

交通:JR内房線・安房勝山駅より徒歩15分。

車の場合は、富津館山道路・鋸南保田ICより県道34号を経てR127号を南下。

「大六」バス停先のT字路を右折して道なりに進むと右手に龍島港が見えます。

〇釣りポイント

龍島新堤防1

・ポイントA

龍島新堤は沖にまっすぐ延びた一文字堤になります。

潮通しがよく、水深も適度にあるため、シロギス、メゴチ、クロダイ、アオリイカ、コウイカ、アジ、サバなど多彩なターゲットを狙うことが出来ます。

先端部を除いて堤防の両側は前下がり上に石が積まれているので、落水に備えてライフジャケットの着用が安心できます。



・ポイントB


龍島新堤の付け根に延び小突堤はぐるりと柵に囲まれているため安全に竿を出すことが可能になっています。

堤防周りは浅いものの、ちょい投げでシロギス、メゴチ、ヒイラギ、ウキ釣りでウミタナゴやメバルが狙えます。

しかし、ここのポイントはそれほど広くないため、先釣者がいるときは無理に入らないようにしましょう。

〇釣れる魚

龍島新堤防2

〇ターゲットはコレ

dsc07588

龍島港はターゲットの豊富さから多様な釣り人で賑わう釣り場となっていますが、最も釣果が手堅いのはちょい投げ釣りで狙うシロギスとなっています。

外道にはメゴチやヒイラギがまじり、春先にはホウボウが混じることもあります。

シロギス釣りのエサはジャリメが良いです。

ここのポイントはときよりフグの猛攻をくらうことがありますので、そんなときは少し移動して、投入方向を変えてみるといいです。

キスの釣り方は置き竿の場合と竿を少しづつ引いていく場合の2通りあります。

両方やってみるといいかもしれません。

置き竿の場合は投げた後にゆっくりと糸をまいて、コツッとひっかかりがある場所を発見したら、その位置でラインを張った状態にして竿を置きましょう。

その場所にはカケアガリがあるため、魚の付きが良い場所になっています。

少しずつ巻く場合は投げた後にゆっくりとリールを巻いてラインを張った状態を維持します。

そうするとシロギスが食いついてきます。^^

〇備考

龍島新堤は15時~翌朝7時までは釣り禁止になっています。

漁業者とのトラブルになれば日中も釣り禁止になってしまう可能性がありますのでルールを必ず守って釣りをしましょう。

 

 

千葉県 アジの穴場釣りスポット 【禁漁区エリアの開放!!】

今回ご紹介する釣りポイントは、ネットではなかなか紹介されていない場所です。

かつて立ち入り禁止場所であったため、現在釣りをする人が少なく、穴場スポットとなっております。

千葉県の外房エリアにある大ガマの磯は松部港の南側に位置し、メガネ岩の磯から砂子ノ浦の入り江を挟んだ対岸にあります。

以前は立ち入り禁止エリアとなっていましたが、現在は特に規制はなく、穴場釣りスポットとなっています。

大ガマ磯は地形が入り組んでいて、海藻帯や岩礁帯などの障害物が多いためアジが居着きやすく、すぐ近くには外房屈指の名磯である黒鼻の磯があることから分かるかと思いますが、潮通しが良く回遊魚が多いです。

磯は全体的に高さがない平磯で、満潮時には道が水没してしまうが、ナギのときはブーツで歩けます。

私個人の意見としてはウエーダーをお勧めします!!




アクセス

アクセスは容易で楽に入釣できます。

 

大ガマ磯

上記に記載しているのが大ガマ磯の場所となっています。

(※詳しくはグーグルマップを参照)

大ガマ磯2

駐車場は2か所存在しています。

夏季は近くにある駐車スペースを利用できますが、それ以外の期間は黒鼻の磯手前にある有料駐車場を利用します。

大ガマ磯3

釣り場への道順は上記写真のようになります。

トンネルの出口の道路標識がある場所から海の方へ下っていきます。

砂利浜に出て崖下を海岸伝いに進んでいきます。

途中、潮位が高いと水没してしまう箇所があるので、水位が低い時にブーツで渡るか、ウエーダーを着用するのが万全です。

釣りポイントと釣り方

大ガマ磯4

メインの釣り場は2か所あります。

磯の先端とイケスの手前になります。

磯際の水深は2mくらいで、カジメなどの海藻が多い状況です。10mほど沖の水深は3-4mとなっています。

入り江中央付近から南側に向けて船道のように掘れていて、砂地になっています。

この周辺がポイントとなっているため、遠投した方が釣果が期待できます。

アジングの場合はキャロやフロートリグ、餌釣りの場合はカゴ釣りで遠投していきます。

ルアーの場合はタダ巻きで釣れます。表面から攻めていって徐々にレンジを下げていく釣り方になります。

時間帯は朝夕のマズメが魚の活性も良く、爆釣のチャンスとなります。

夜はマズメ程の破壊力はないものの20cm級のムツなども釣れます!!