神奈川釣りポイント【三春町岸壁】街の裏手の超穴場ポイントのご紹介





繁華な街の裏手の、なんの変哲もない護岸といった雰囲気の三春町の岸壁ですが、潮通しが良く回遊魚や太刀魚、イカ類のほか、実に多彩なターゲットが狙えるスーパー釣り場として知られています。

岸壁は1.5m程の高さの防潮壁があり、足場も狭くなっています。

その上からの釣りとなるのが難ですが、右端の大津漁港護岸遊歩道はきれいに整備されて常夜灯もあり、手軽に楽しめるポイントになります。

ここのポイントはメバル、アジともに一級のポイントになっています。

アジは回遊次第とはいえ、ここ数年は安定して釣果があがっているポイントになっています。

〇アクセス

〇釣りポイント&釣り方

三春町海岸1

メバル

637df5327083b7da5a82fd680defbb0f_s

シーズンは10月下旬から4月上旬で12月がピークになります。

15cm級がアベレージサイズになりますが、沖から入る群れ次第では25cmオーバーのメバルが釣れることもしばしばあります。

岸壁全体にメバルは着いていますが「ポイント横須賀大津店」の裏あたりは捨て石が多く入れられているため特に魚影が濃いポイントになります。

底を狙うとカサゴも良く釣れます。

ルアーはジグへットリグで、足場が高く、飛距離を出したいので1.2gをメインに使用していきます。

ポイント全体としていえることですが、居着きのメバルと回遊のメバルの両方を意識して狙うことが肝心となってきます。

回遊性のメバルの場合はタナが浅く、正面にフルキャストしてから3秒刻みでカウントダウンしてタナを探るといいでしょう。

回遊のタイミングに合わせない場合は、ルアーを底まで沈めてボトムを狙います。

大津漁港護岸遊歩道は明かりがあるため浅いタナに浮いていることが多いです。

夕マズメはメバルがライズしていることもあり、そのような状況では5cmのミノーで勝負すると釣れやすいです。



アジ

fd78e91fc8a29439eeeb992066ac2581_s

シーズンは8月終わりから12月中旬になります。

大物を狙う場合はカゴ釣りで狙うと25cm級が釣れます。

ルアーでは18cm級のアジがターゲットになります。

ポイントは大津漁港護岸遊歩道の明かり周りが良く、潮が左へ流れているときは高確率で回遊があります。

特に実績が高いのは奥のフェンスの手前側にあるへの字のカド周辺になりますが、ここはカゴ釣りでも人気の場所になりますので、場所取り合戦が激しいポイントになります。

ルアーはジグヘッドリグで、重さは0.8gが基準になります。

キャロシンカーを併用して沖目を狙う人もいますが、遠投しなくても、ぼんやりと明かりが当たる範囲をジグヘッドで探るだけで十分に釣ることが出来ます。

アジを食わせる釣り方はフォールをおりまぜることが重要になります。

小刻みなシェイクとフォールを繰り返して、表層から底付近のタナまで探ることをお勧めします。

 

神奈川釣りポイント【相模川河口】釣り大会が毎年開催されるハゼ釣り名所とは





相模湾に流入する河川で最大のの規模を持つのが相模川です。

その河口ではスズキ、クロダイ、キビレ、シタビラメ、ハゼ、イシモチ、ウナギ、テナガエビ等々の様々な魚種を釣ることが可能になっています。

釣り場は一部を除いて足場の良い護岸となっていて、場所によっては常夜灯も設置されているので比較的明るく夜釣りもしやすいです。

また、近くにはトイレや釣具店もあってなにかと便利になっています。

バス停から近いため、電車釣行にもおすすめと言えるポイントになっています。

尚、河口よりの護岸ではクロダイのフカセ釣りを楽しむ人が多いです。

〇アクセス


所在:神奈川県平塚市千石河原

交通:JR東海道線・平塚駅よりバス利用、「須賀港」バス停下車。

車の場合は新湘南バイパス・茅ヶ崎海岸ICより「柳島」信号を右折し、湘南大橋を渡ってすぐの遊漁船の看板を右折し、湘南大橋を渡ってすぐ遊漁船の看板を目印に左折すると平塚新港の駐車場になります。

〇釣りポイント

相模川河口1

ポイントA

本流に面したポイントAは足場の良い護岸から竿を出すポイントになっています。

春から秋にかけて投げ釣りではアオイソメでイシモチ、シタビラメ、シマイサキが狙えます。

秋口から落ちたハゼが面白く、こちらはアオイソメかジャリメエサのウキ釣り、あるいは探り釣りで狙うのがベストです。

又、ルアーでは橋脚周りや明暗部を狙ってスズキをも狙えますが、どちらかというとベテランの釣り師向けのポイントになっております。



ポイントB

河口に隣接した須賀港は、休日でも姿を見るのは地元の釣り人くらいの一見パッとしない小さな漁港ですが、秋口から初冬にかけての落ちハゼはすごく面白い場所となっております。

水深もそこそこあり、良型の落ちハゼ釣りが楽しめるポイントになっています。

ウキ釣りでもいいですが、湾内をコンパクトロッドでちょい投げする方が釣りやすくなっています。

又、カイズが主体となってきてしまいますが、出入り口付近はクロダイの魚影が濃いポイントになっています。

〇釣れる魚

相模川河口2

〇ターゲットはコレ

1c8029f14af6d7834bae3d170e9c4600_s

ここは湘南~西湘南では随一のハゼの釣りポイントになっています。

シーズン前半はやや上流に寄ったポイントの浅瀬からウキ釣りで数釣りが楽しめ、秋口以降の後半にはポイントA付近、あるいは須賀港内からちょい投げで良型を釣ることが出来ます。

また、初冬には投げ釣りで20cm級の良型を釣ることも可能になってきます。

〇備考

本流に面した護岸一帯ではシタビラメも狙うことが出来ます。

遠投は必要なく、チョイ投げの置き竿でOKです。

 

神奈川釣りポイント ファミリーフィッシングの名所!手軽で良く釣れる湯河原海浜公園!!





ショッピングセンター、ファミリーフィッシング、学校などが建つ埋め立て地にあるのが湯河原海浜公園です。

駐車場はあまり広くはないですが、24時間利用可能で、公園にはトイレが2つあります。

海に向かってお弁当やお菓子などを広げて食べるにはちょうど良いテラスがあります。

その先の護岸には安全柵が設置されています。

塩川河口付近の護岸からはウキ釣りで小メジナ、ちょい投げでシロギスなどが釣れ、子供でも十分に楽しめる釣りポイントになっています。

又、護岸全域でアオリイカを狙うことが出来ます。

〇アクセス


所在:湯河原町門川

交通:JR東海道線・湯河原下車徒歩20分です。

又は、湯河原駅よりバスで「門川」バス停下車、徒歩7分になります。

車の場合は西湘バイパス石橋ICより国道135号、真鶴道路を熱海方面へ行きます。

湯河原高校前の信号を過ぎたらすぐ左手が湯河原海浜公園になります。

〇釣りポイント

湯河原海浜公園1

 

ポイントA

左手の護岸から狙える「ボラ岩」と呼ばれるテトラ周りがポイントになります。

ウキ釣りで小メジナやメバルが釣れるポイントになっております。

シーズンは春先~夏頃です。時には30cm級の尺メジナも釣れることもあるので、期待したいところです。

メバルはテトラ周辺をソフトルアーでメバルングやアジングを釣れます。

アジなどの回遊魚はカゴ釣りでも面白いです。

サビキ釣りの場合は海面から高さがあり、足元は浅いため、長めのリール竿を用意した方がいいです。



ポイントB

沖合100mほどのところに離岸堤が入っているため、投げ釣りの場合はこの手前くらいを釣ることになります。

ここのポイントはそれほど遠投は必要なく、シロギスやメゴチが釣れます。

また、泳がせ釣りやヤエン釣りでアオリイカを狙う人も多いです。

ポイントは護岸全域です。

春から初夏にかけてシーズンとなります。

毎年3kgオーバーのアオリイカが何バイも上がっている高実績のポイントになりますので是非お試しください。

〇ターゲットはコレ

387a638105bd4f74f4df6430f6df6070_s

 

湯河原海浜公園と言えばアオリイカです。

食べて美味しいアオリイカを是非釣って帰ってみてはいかがでしょうか。

手軽なタックルはエギングになりますが、足元には石が入っているため遠投が必須となります。

ファミリーフィッシングの場合は生きたアジをエサにした泳がせ釣りが無難な釣りかもしれません。

シーズン中はイカ釣りの釣り人で賑わうため糸が絡まらないように注意が必要です。

アオリイカは釣れたらすぐに目と目の間にナイフを入れて締めておくと、美味しくお刺身でも食べられますので是非試してみてください。